よく眠れる方法~カラダを温める~

 

特に女性に多い冷え性ですが、最近では男性にも冷え性の人が増えてきています。
冷え性の人は、どうしても身体の冷えから寝つきが悪くなったりしてしまいます。

身体の中心部の体温を、『深部体温』といいます。深部体温は1日のうちで1~1.5度ほど上がったり下がったりと上下します。夕方から夜にかけて最も高くなり、徐々に下がって早朝には最低になります。深部体温が下がるときに眠気が強くなります。そして、寝つく前に一度体温を上げておくことで、そのあと体温が急激に下がってよりぐっすりと眠ることができます。

◆身体を効果的に温める風呂

ベッドに入る1時間ほど前に38度~40度の、ぬるめのお風呂に入ることで、寝つくときに、ちょうど体温が下がってきて眠りやすくなります。そして、浴槽に20分ほど入っていると、身体がぽかぽかしてきて、血行が良くなります。逆に、あまり熱すぎると、交感神経が刺激されて眠気が減ってしまうので、気を付けましょう。アロマを使うことで、心もゆったりとリラックスできます。冷え性に良いとされるアロマは、オレンジスイート、カモミール、ジュニパーなどが知られています。檜風呂のヒノキの香りも同じような働きがあります。アロマオイルを2~3滴浴槽に入れて、アロマバスを楽しみのも効果的です。

◆布団を温める

眠る前に電気毛布で布団を温めておき、布団につくときには電気毛布を切るか、1時間後には切れるようにタイマーをセットしておくと良いです。この時の注意点としては、一晩中電気毛布を付けっぱなしにはしないということです。喉が渇いて乾燥してしまったり、体温も下がりませんから眠りの質が悪くなってしまいます。その他には、湯たんぽが効果的です。湯たんぽの使い方としては、やはり眠る1時間前に、布団の真ん中へ置いておきます。お尻やおなか、太ももの前などにある筋肉を温めることで、筋肉の中野血液が温められ、それが手足の先まで熱を運んでくれます。そして眠るときも湯たんぽを腰のまわりに置いておけば、温かさも持続します。また、湯たんぽで体を温めると免疫力が上がるという研究もあるそうです。冬の風邪予防対策にもなりますね。

風邪予防もできて、質の良い眠りにつける湯たんぽ、是非使いたいアイテムですね。

眠りの質を良くする漢方

眠りの質を良くするサプリメント

睡眠の基礎知識

睡眠の基礎知識

よく眠れる方法

眠れない原因

睡眠障害

Copyright (C)眠れない時.com 不眠症・睡眠障害の悩みを解決 All Rights Reserved