眠れない原因~生活習慣の乱れ~

 

現代の私たちの生活は、休む間もなく24時間社会の中で、交代勤務『シフトワーカー』や夜間勤務が増加し、その割合は年々増え続けています。また、夜間もパソコンやメディアによる明るい光の下で過ごしているような、夜型生活の人が増えていることも不眠症の原因になっています。加速する高齢化によりメラトニンの分泌が低下してることによる体内時計『生物時計』の乱れによる不眠症を『現代型不眠症』といいます。現代型不眠症は、昼夜逆転生活などにより、長い間体内時計『生物時計』の乱れた状態が続くために起こるものです。また、眠るときに、音や光が気になったり、温度や湿度が快適でないために、なかなか眠ることができないといったこともあります。

眠る前にたばこを吸っている方も注意が必要です。

たばこに含まれるニコチンには覚醒作用があるため、眠る前にたばこを吸うことで脳が覚醒し眠れなくなることがあるからです。

また、引っ越しや転職などで環境が変わったりしたときも、それがストレスになったりしますから、生活習慣が乱れやすくなったりします。なるべく早く規則正しい生活にするよう気を付けたいものですね。

やりがちなのが、眠る前に長時間ゲームなどをして、脳が興奮してしまい、その結果なかなか寝つけなくるといったこともあります。

運動不足も不眠と関係があります。

休日だからといって、家で1日中ゴロゴロとしていて、翌日起きるのが辛いなんて感じたことはありませんか?これは身体をゆっくりと休めたつもりでも肉体疲労がないために睡眠の質が落ちているからなのです。そして、運動する時間も重要です。寝る前に激しい運動をしてしまうと、身体や神経が興奮してしまい、不眠の原因になってしまいます。

睡眠促進のために運動するのであれば、ウォーキングや軽めのランニングを午後や夕方の早い時間帯に行うのが、最も効果的です。寝る前に運動するのであれば、ヨガやストレッチなど、全身の力が抜けて体がほぐせるものが有効です。

ゆっくりと呼吸を止めずに穏やかに行うことがポイントです。

眠りの質を良くする漢方

眠りの質を良くするサプリメント

睡眠の基礎知識

睡眠の基礎知識

よく眠れる方法

眠れない原因

睡眠障害

Copyright (C)眠れない時.com 不眠症・睡眠障害の悩みを解決 All Rights Reserved