睡眠の基礎知識

睡眠には、浅い眠りであるレム睡眠と、深い眠りのノンレム睡眠がありますが、まずはこれらの違いとメカニズムについて知っておきましょう。

眠りにつき始めると、最初に深い眠りのノンレム睡眠があらわれてきます。
そして、次に浅い眠りのレム睡眠へと移行していきますが、私たちの眠りは、これらの異なる性質の睡眠で構成されていて、約90分周期で一晩に4~5回の一定リズムで繰り返しおこなわれています。


脳が眠っている状態のノンレム睡眠

一般的には、脳が眠っている状態だと考えられているノンレム睡眠ですが、これは、眠りの深さによって、4段階にわけられています。
浅い眠りから深い眠りへと進み、その深さのピークが過ぎると、次は逆に深い眠りから浅い眠りへと変わり、その後レム睡眠へと移行していきます。
この時の特徴としては、入眠直後あらわれますが、夢はほとんどみていない状態です。
眠りが深くなるにしたがって、呼吸回数やむ脈拍が少なくなり、体を支えている筋肉は動いています。
また、ホルモンの分泌をしています。


脳が眠っている状態のノンレム睡眠

レム睡眠とは、一般的に身体が深い状態で脳が起きているような状態のことで、浅い眠りの時の状態です。目覚めの準備でもあるため、このレム睡眠の時に目覚めると、スッキリと心地の良い目覚めになります。 一般的にレム睡眠の時は、眼球がキョロキョロと動く急速眼球運動を伴っています。 また、身体の力も完全に抜けている状態でもあります。 そのため、筋肉の疲労回復をおこなっているのもこの時です。その他には、脈拍や呼吸が不規則である状態で、夢を見ているのも、このレム睡眠の時に見るといわれています。 トイレに起きたり、ちょっとした物事で目が覚めやすいのもこのレム睡眠の特徴です。 あまり経験したくないことですが、時々、金縛りにあったという人がいますが、これもこのレム睡眠の時に起こしやすく、レム睡眠中は脳が活発に動いて夢をみやすい状態になります。 しかし身体の筋肉は抜けて緩くなっているため、脳と筋肉のタイミングがずれてしまい、意識はあるのに身体を動かそうとしても動けない状態になります。 そして、そこへ夢体験などが混入してしまいレム睡眠の特徴である自律神経の乱れが恐怖心をあおり、金縛り状態におちいる場合があるということです。 わかってみると、恐怖心はなくなりなすね。

 

 

眠りの質を良くする漢方

眠りの質を良くするサプリメント

睡眠の基礎知識

睡眠の基礎知識

よく眠れる方法

眠れない原因

睡眠障害

Copyright (C)眠れない時.com 不眠症・睡眠障害の悩みを解決 All Rights Reserved