睡眠薬の副作用

睡眠薬には、超短時間作用型、短時間作用型、中間作用型、長時間作用型など、様々なタイプの睡眠薬がありますが、これらの薬に共通していることは、脳の中枢神経に強制的に働きかけ、脳を無理やり眠らせるという作用があります。

睡眠薬のメリットとデメリット

睡眠薬の最大のメリットは、服用すると眠れるということです。また、精神状態が不安定であったり、情緒不安定な時、一時的に気持ちを落ち着かせることができるというメリットもあります。そういわれると、良いこと尽くめのようにも感じますが、デメリットはあるのでしょうか?

では、次に睡眠薬のデメリットについてです。先ほども述べたように、睡眠薬は脳の中枢神経に強制的に作用します。そのため、様々なリスクがあるのです。

◆強い依存性がり、習慣化しやすい

睡眠薬は、非常に依存性が強いため、眠るために睡眠薬を飲む習慣がついてしまうと、睡眠薬がないと眠れなくなります。また、飲み続けていることで、同じ量では効果を実感できなくなったりしてきます。その結果、使用量が増えてしまったり、もっと強い薬を飲まなければ眠れなくなってしまったということが起こりやすくなります。

◆肝臓にも負担がかかるだけでなく、認知機能の低下や記憶障害を招くことも

薬の種類は様々で、いろんな薬がありますが、この薬の中でも睡眠薬が肝臓にかかる負担は特に大きいようです。そのため、長期的に大量に服用すると、肝機能に異常をおこしたり肝硬変などのリスクが高まることもあります。また、多量な睡眠薬の服用が習慣化してしまうと、視覚や聴覚などにより、周囲の状況や人との会話など、外部からの情報を理解し、認識する機能が低下するため、自動車の事故などの危険性が高まることもあります。しかも、睡眠薬を服用していると忘れっぽくなることがあり、自分が事前にしていた行動などを思い出せなくなるといったこともあります。

◆睡眠薬服用時に注意したいこと

睡眠薬を飲んで、少し経過しても眠気がこないからといって、追加してもう1錠飲んでしまったり、お酒を飲んだりすることは、絶対に避けなければなりません。睡眠薬は、飲んだからといって徐々に眠くなるのではなく、数十分して、突然眠くなることもあるのです。薬が効き始めると、記憶があいまいになることもありますから、服用したらなるべく早く寝るようにした方が良さそうです。それから、、勝手な自己判断で突然服用を中止しないことです。突然薬を止めたことで、不眠症が悪化してしまったり、更には不安障害などの症状がでることがあるからです。勝手な自己判断はせず、医者の指示に従って、徐々に薬を減らすようにしましょう。
この他には、もし異常にのどが渇かわいたり、だるさやめまい、ふらつきや血圧にも影響がでる場合もありますので、これらの副作用が強くでて、おかしいと感じた時は、すぐに医者や薬剤師に相談することが大切です。

 

 

眠りの質を良くする漢方

眠りの質を良くするサプリメント

睡眠の基礎知識

睡眠の基礎知識

よく眠れる方法

眠れない原因

睡眠障害

Copyright (C)眠れない時.com 不眠症・睡眠障害の悩みを解決 All Rights Reserved