睡眠障害が引き起こす病気~循環器疾患~

 

睡眠時間が循環器疾患の関連因子であるとする研究結果が、近年の免学調査において蓄積されつつあるとされています。

◆睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群は、日中に眠気を伴うこともあり、居眠りによる交通事故や労働災害を引き起こす疾患として、広く知られています。この睡眠障害の1つでもある睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に上気道、特に咽頭、候頭部の狭窄、または閉塞が起こり10秒以上の呼吸、気流の停止が夜間睡眠中に5回以上起こる疾患です。睡眠時無呼吸症候群の主な症状としては、いびきと眠気で小顎など頭蓋顔面携帯の影響によっても発症すますが、この睡眠時見呼吸症候群は日本では、7割の患者が肥満であることが知られています。 これは、肥満によって上気道が脂肪により狭小化しているのが原因の1つです。さて、この睡眠時無呼吸症候群ですが、上記にあげたことだけでなく、睡眠中に頻繁な呼吸停止を起こすことによる、間欠的低酸素が酸化ストレスを増加させ、動脈硬化を加速し、循環器疾患につながると考えられています。そして、睡眠時無呼吸症候群の患者では、血液凝固異常が認められており、これにより血栓の形成や血管の閉塞が起こり、最悪の場合には、脳梗塞や心筋梗塞につながることもあります。また、睡眠の質が低下することで、これらに起因する睡眠不足や睡眠障害が高血圧や耐糖機能に悪影響を及ぼすことから、循環器疾患や糖尿病のリスクを高まると考えられています。循環器疾患患者では、睡眠時無呼吸症候群の合併頻度が高いことも示されています。特に、薬剤抵抗性高血圧症や心不全患者の70~80%が睡眠時無呼吸症候群の合併と認められています。
また、高血圧や心房細動、冠動脈疾患や急性冠症候群、大動脈解離患者でも、30~50%が睡眠時無呼吸症候群の合併が認められています。
このように、循環器疾患と睡眠時無呼吸症候群の関連が深いことが解明されています。

眠りの質を良くする漢方

眠りの質を良くするサプリメント

睡眠の基礎知識

睡眠の基礎知識

よく眠れる方法

眠れない原因

睡眠障害

Copyright (C)眠れない時.com 不眠症・睡眠障害の悩みを解決 All Rights Reserved